2018年5月4日・金

今日は藤原肇ちゃんに一票入れました。さすが陶芸家ということで、なんだか落ち着いた雰囲気の女の子です。なんか良いですよ。
ウチは、クールのボーカル系SSRが肇ちゃんと蘭子の2人がいるので、ボーカルユニットを組むときは2人を一緒に使うんですが、まあ同じクールと言っても対極的なキャラですな。
蘭子も面白いんですけどね。

Dance burstは、今日はあまり気が入らず間違えてばかりであまりやってません。まあ最低限だけ。それでももう3万5千pt超えたし、ボチボチやっていても最終日までには5万までいけるかなと。
2千位ボーダーはかなり先へ行ってしまいましたので、もう追いつくことはないですね。そんな気力は無いです。1万位ボーダーに追いつかれることもないでしょう。

ところで、今日はイチロー選手の衝撃的発表がありました。今シーズンはもう選手としてプレーすることは無く、会長付特別輔佐に就任すると。しかも、この先ずっとマリナーズの一員として働くと。物凄く異例なことらしいですが。

日本では、選手としてプレーできないことをネガティブに受け取ってる人も居るみたいだけど、マリナーズとしては最大限イチローに対して敬意を払った対応じゃ無いかと、私は思いました。
この先、メジャー選手として契約し続ければシーズンが進んでいくほど今以上にイチローに対する批判が強まるだろうし、そういう状況は本人にとっても周りにとっても酷というか、皆が傷付くことだし、誰も望まないと思います。チームにも悪影響を及ぼしそう。
5月という早い段階で、ハッキリと区切りを付けたのは良かったと思います。これでマリナーズはチームもイチローのことも守ったと思います。解雇すること無くチームに引き入れたわけですから。素晴らしい決断だなと思いました。

プレーが見られないのは残念だけど、これからもずっとチームと帯同できるというのは、チームメイトたちにとっても嬉しいことだろうと思います。

アメリカってビジネスにシビアではあるけど、合理性を追求しながらも大事な人を大切にするような決定が出来るところが凄いなぁと思います。やっぱり、人が一番大事なんだなと思います。
私は今回のニュースを見て、そういう所に一番感心しました。
それにイチローも幸せそうだったので、本当に良かったなぁと安心しました。

そりゃ、あれだけ高く評価して貰えば嬉しいよね。

Share