2017年12月23日・土

ちょっと前に買ったのを思いだして読んだ。『終わりのち、アサナギ暮らし。』第2巻。もちろん2巻を買ったと言うことは1巻を読んで面白かったからなんだけど、凄く面白いとか凄く好きというわけでもない。もちろん嫌いでもない。今日読んでいてちょっと思ったけど、なんだか絵本を読んでいるような気分になる。小さな子供に世の中の世知辛さと人の温かさの有り難みを分かりやすく読み聞かせるマンガというか。そんな感じ。
不思議なマンガ。多分3巻が出たら買うだろう。あ、所々に出てくる料理のレシピは美味しそうで有り難いです。

ところで、さっきまでクラシコを観てました。クラシコを真面目に観たのは久しぶり。昔はラ・リーガを熱心に観ていたので、クラシコも楽しみにしていたのですが、最近はあまり観ていなくて。
久しぶりのクラシコはとても面白かった。当たり前だけど、レベル高い戦いだなぁ。中村憲剛のゲスト解説も「なるほど!」って感じで良かったです。

それにしても前半と後半で全然違うゲーム展開になって、本当にサッカーって面白いし難しいゲームだなぁと思いました。
とにかくバルサは強いですね!もっともマドリーが先制していたらどうなっていたか分からないですが。なんだかんだ苦しんでも最終的にはバルサは綺麗に崩して点を取ってしまう。本当に見事。
先制点の起点になったブスケッツのプレーは凄かったですね。やっぱりバルサの肝は彼なんだなと思いました。スペイン、特にバルサにおいてピボーテは一番重要なポジションですが、システムが変わってもやっぱり彼が肝なんですね。

いや、90分があっという間でしたよ。面白かった!

Share