2017年1月9日・月

今年は毎日日記を書こうと思っていたのだが、いきなり1週間以上何も書かずに過ぎてしまった。

今回の大晦日と正月は伊豆で過ごしました。大晦日は朝6時前に出発。バスで仙川に出て、京王線、小田急線、東海道線、伊東線、伊豆急行線を乗り継いで城ヶ崎海岸駅で降りました。
この旅行に行くのを決めたときは、とりあえず下田に宿を取って泊まることだけ決めていて、それ以外何も決めていませんでした。
で、前日にガイドブックを見ていて城ヶ崎海岸を歩くコースがあることに気付き、よし歩いてみよう!と決めました。

道とか、そんなに調べておいたわけじゃ無いけど、まあ行けば何とかなるかって感じで、とりあえず城ヶ崎海岸駅で降りた。駅がとても可愛い駅ですごく気に入りました。
そこからGoogleマップとか見ながら海に向かって歩いて行きました。伊豆って海が綺麗ですよね。天気も良かったし、本当に来て良かったです。

海岸沿いにピクニカルコースという散策路があって、そこをずっと歩きました。門脇吊り橋や灯台の辺りは結構人が多くて賑やかでした。私はそこから更に南下して蓮着寺(れんちゃくじ)に着きました。私は更に城ヶ崎自然研究路という散策路に入っていったのですが、最初どこから入れば良いのか分からなくてちょっと悩みました(お寺に向かう階段を登って抜けていく)。

この辺からは大分人が少なくなりました。静かでのんびり歩けたのですが、階段の上り下りの連続でしんどかったです。私は運動不足で若干体重オーバーなせいもあって段々膝が痛くなってきました。景色は素晴らしかったのですが。
思ったよりもきつかったです。
足の痛みをこらえながら何とか橋立て吊り橋まで辿り着きました。とっくにお昼が過ぎていてかなり腹が減ってきたので、頑張って伊豆高原駅まで川沿いの遊歩道を歩きました。

伊豆高原駅は結構大きい駅で、人も賑わってました。駅ビルの中にある定食屋さんでまぐろ鉄火丼を頂きました。これがメチャメチャ美味しくて、ああここまで来て良かったと思いました。

伊豆高原駅から再び伊豆急に乗り下田へと向かいました。本当は下田で降りた後、少し散策するつもりだったのですが、歩き回るのはムリだったのでとりあえず駅近くの喫茶店に入って一杯コーヒーを飲んでからホテルに向かいました。ホテルでゆっくり熱い風呂に浸かったら少し足の痛みが和らぎました。
その後、ホテル近くの居酒屋で焼き魚・刺身定食を頂きながらビールと日本酒を呑みました。旨かった〜。

翌朝8時頃ホテルをチェックアウトし、ペリーロードを抜けてから下田公園へと向かいました。まあお正月の朝ですから、とても静かでした。天気も最高でした。足は痛かったですけど(^▽^;)

下田公園はちょっと小高い山になっているので、あちらこちらに展望スポットがあります。そして南側の展望台に行くと下田水族館が見えます。

せっかく下田まで来たので、足が痛いからと行って何処にも行かず帰るわけにはいかないと思い、せめて水族館を見てから帰ろうと思いました。
開館直後くらいに入ったので、とても空いていてゆっくり静かに見られてよかったです。でもアシカショーやイルカショーを見られるステージが階段状の客席になっていて、上り下りするのが辛かったので見るのを諦めました(アシカショーだけは見たけど、イルカショーが始まる頃には結構混んできて、ちょっと迷惑掛けそうな予感がしたので)。

結局お昼前には水族館を出て、駅へと向かいました。ゆっくりしか歩けなかったので、本当に時間が掛かりましたが、途中人懐こい猫に出会って、少し遊ぶことが出来て嬉しかったです。

駅に着くと、お茶饅頭と金目鯛の塩焼き弁当を買って電車が来るまで待合室で待つことにしました。ところが、待合室に入ると駅そばが目に入りつい食べたくなってしまい(駅弁買ったのに)かき揚げそばを食べました。旨かったです。地方の駅そばは旨いね。

伊豆急の帰りの車窓は最高でした。トンネルを抜けた後、目の前に伊豆の青い海がバーンと広がったときにはちょっと鳥肌が立つほど感動しました。あと、熱海ー小田原間の車窓も凄いですね。今の普通電車って窓が広いので、車両の真ん中あたりに座って海側を眺めると、車両の左端から右端までどーんと青い海が広がって見えて、本当に感動します。また見たいなと思うけど、見られるかどうか。いろいろ好条件が重なっていないと見えないと思うし(車両が空いてるとか、天気が良いとか)。それに、多分写真とかに撮っても感動が薄れちゃうんだよな。

足は痛かったけど、二日間いろいろ綺麗な景色と美味しい物を食べられてとても良かった。また行こう。今度は足を痛めないように、もうちょっと痩せておこう。

Share