2016年 夏休み初日

IMG_05868月31日から9月2日まで夏休みだったので長野県へ旅行してきました。3日間、青春18切符で移動しました。松本に住んでいた頃、東京に行くとき特急あずさを利用することも多かったですが、各駅停車で行き来することも度々ありました。私は景色を見るのが好きなので、特急よりも各停でのんびり車窓を眺めながら行くのが楽しかったです。

今回もとても楽しかったです。ちょうど台風が過ぎた後で天気も良かったですし。

思うに、特急の場合、同じ列車に乗る人々は、その路線が通る土地の人々ではなく、私のように東京など余所の土地の人々が多いと思います。でも各停を利用する人々はその土地の人々が主なわけで、各停に乗るとその土地の人々の雰囲気を味わえると思います。それが旅情があって良いような気がします。

今回の旅行もそういう意味でも楽しかったです。甲府を過ぎた辺りで特急の通過待ち中に同じ車両に虫が入ってきて、窓のそばをブンブン飛び回っていました。すると隣に座っていた男性が怖がって別の車両に逃げてしまいました。それを見ていた向かいの列に座っていた高校生くらいの女の子が立ち上がり、
「窓を開けて外に出せば良いのに。」
と言ってガッと窓を開けて手で追い出し、もう一匹を手でつまんで外に出してくれました。
こういう光景って、特急に乗っていたら絶対に無いわけだし、多分中央線や山手線でも起こらないです。こういうの一つとっても良い思い出だなと思えるわけです。

初日は茅野で降りて、バスに乗って車山肩まで登りました。平日だったせいかとても空いてました。バスで車山・霧ヶ峰へ行くには上諏訪からも行けますが(こちらの方が料金は安い)、私は茅野から乗って正解だったなと思いました。景色がとても素晴らしいです。ビーナスラインは過去に何度も通ったことがありますが、やっぱり景色がとても綺麗です。私はこれだけでかなり癒やされました。でも、バスの窓はあまり綺麗ではありません(笑)。まあ贅沢は言わないって事で。

車山肩で降りて、そこから車山の山頂へ向かいました。とても天気が良く日差しは強かったですが、風も少し強く肌寒く感じました。この時のために上着を持ってきていたので早速羽織ってから登りました。山頂までの道はなだらかですが、運動不足気味の私にはちょうど良かったです。
景色があまりに良くてiPhoneで写真を撮りまくりました。やっぱりデジカメを買っておけば良かったと思いますが。

景色を眺めながら昼食を食べてからバス停の所まで戻り、少しあたりを散策してから霧ヶ峰インターチェンジへと向かいました。
車山にはそれなりに人がいましたが、車山肩から霧ヶ峰インターチェンジへの道には誰も歩いてませんでした。なので何の気兼ねもなく写真が撮れて嬉しかったです。
やっぱり人混みから逃れたくてわざわざこの時期に夏休みを取って長野県に来たので、本当にその甲斐ありました。

霧ヶ峰インターチェンジから再びバスに乗り、上諏訪まで降りました。こっちのルートは物凄い急勾配を降りていきます。15度とか標識が出てたので、多分歩くのも恐いような気がします。バス停の名前も面白かったです。「新田たばこ屋前」とか「山の神」「山の神下」とか。
ちなみに私が松本に住んでいた頃、一番笑ったバス停の名前が「殿」ですね(笑)。松電の「新島々(しんしましま)」って駅名も皆笑いますけどね。

夜は上諏訪に泊まって、線路沿いにある「かいらく」という居酒屋で晩酌をしました。冷や奴を頼んだら木綿が出てきて嬉しかったです。美味かったです。豆腐は木綿の方が美味いと思います。久しぶりに真澄呑んだけど美味しかった。

そんな感じで1日目終わり。
1日目に撮った写真をダラダラと載せておきます。ただ自分の好きな景色を好きなだけiPhoneで撮っただけの素人写真ですが。

Share